二次会のマナー

二次会には結婚式とは別にご祝儀が必要か?

更新日:

ご祝儀は渡す必要はないが、二次会の会費は準備が必要!

結婚式にはご祝儀をご祝儀袋に入れて渡すのは、だれもが知っているかもしれません。ですが、結婚式に続き二次会にも出席する場合に、さらにご祝儀を渡す必要があるのでしょうか?

ここでは、結婚式と二次会どちらも参加した人と、二次会のみ参加する人に分けてご祝儀の有無の必要について説明します。

ご祝儀

結婚式と二次会どちらも参加した人

簡単に言うと、二次会にはご祝儀を渡す必要はありません。結婚式ですでにご祝儀を渡しているからです。 そのかわり二次会の出席の際、会費を支払います。

二次会は、たいてい会費制だからです。二次会の会費を支払う際には、ご祝儀袋や封筒に入れて渡す必要はなく、財布から直接現金を払う事ができます。

ですが、会費とは別にご祝儀を渡す人もいます。その場合は、ご祝儀袋には入れずに普通の封筒に入れて受付で渡すことができます。

二次会のみ参加する人

結婚式には参加せず二次会のみ招待された人は、基本的に二次会の会費だけを支払えばマナー的には大丈夫です。会費を支払う方法は、上記で示した方法で渡すことができます。

ですが、二次会だけ参加する人の中には会費とは別に、プレゼントや手紙を用意している人も多い傾向があります。その場合には、本人に直接渡すのではなく受付で受け取ってもらうのが礼儀です。

ですが、二次会のプログラムで、ゲストから直接新郎新婦にプレゼントを渡すという企画も多いので、そのような機会を利用して渡せるかもしれません。

このように、二次会にはご祝儀は必要ありませんが会費を支払います。さらに、二次会の会費は「祝い金」としての意味合いもある事も覚えておきましょう。

ですが、二次会の規模や豪華さのレベルによっては、会費の他にお祝い金を準備したほうがいい場合もあります。ですが、金額は大きくなり過ぎないようにします。

数千円から一万円以内にするのが一般的です。結婚式は厳粛な雰囲気がありますが、二次会は親しい友人を交えて心から喜びを分かち合う場になります。

祝い金を渡すにしても、プレゼントにしても心からの贈り物を準備するのが一番です。

-二次会のマナー

Copyright© 楽しさ倍増!二次会盛り上げる為の知識 , 2018 All Rights Reserved.