結婚式の二次会を友人に頼むときのマナーとは?

結婚式の二次会を友人に頼むときに気をつけるポイント

結婚式は、人生の一大イベントです。
本番の準備をするだけでも、式場選びからドレス選び、プロフィールムービーの作成など準備に余念がありません。
招待客や席順、引き出物の準備などめまぐるしいスケジュールに悲鳴をあげそうになります。
そして、忘れてはいけない重要なイベントが「二次会」です。
二次会は本番の後の無礼講のようなもの、と油断していると当日大変な目に合いますよ。
結婚式の二次会の幹事には、大抵の場合、友人に頼むのが一般的です。
しかし、「二次会の幹事よろしくね」の一言では片付きません。
友人とは言え、大任を任せるのですから、しっかりとしたマナーをもって依頼しましょう。

幹事を頼む時期はいつからが適切なの?

二次会に使う会場は、早い時期から抑えておく必要があります。
そのため、準備期間はなるべく早いほうが望ましいでしょう。
結婚式が行われる、3~4ヶ月前には、幹事を頼む友人に通知しておくべきです。
この段階なら、実際に結婚式が行われる場所も決まっているでしょうから、そこからあまり遠くない場所を二次会の会場として設定できます。
また、この段階から動いてもらうことで、当日に二次会に参加する人数の目安も把握しやすくなります。
最近では、結婚式の招待状に二次会まで参加するかどうかのアンケートが着いています。
あらかじめ二次会の参加者がおおむね把握できる3~4ヶ月前なら、幹事さんも動きやすいでしょう。

 

二次会でのイベントは幹事と一緒に考えましょう

幹事さんの仕事は、二次会の会場を押さえることと、二次会で行われるゲームなどの企画です。
しかし、まるっきり幹事さんに丸投げというのは関心しません。
結婚式の本番同様、新郎新婦がきちんと関わって、納得の行く二次会にするには、幹事さんとの相談が大切です。
細かい部分は、幹事さんにつめてもらうとしても、おおよそのディティールの相談は一緒にするべきです。
そして、二次会で必要な費用についてですが、費用が必要になった場合に逐次渡すよりも、先にまとめて渡しておいたほうが良いです。
そのほうが、幹事さんも、二次会の費用を把握しやすく、場所の選定や二次会のプログラムの作成が容易となるからです。

 

幹事への報酬はどのくらいが妥当?

最後に、幹事さんへの謝礼が気になるところですよね。
二次会の規模にもよりますが、謝礼の相場としては、10,000円程度が妥当だといえるでしょう。
幹事さんも友人のために頑張ってくれたのだから、そもそも謝礼なんていならいと断るケースもあるかも知れません。
そういう場合は、食事に招待するなどして、感謝の気持ちをしっかりと伝えましょう。

コメントを残す